塾の情報が満載!

塾講師が高校生に教える詳しい社会科授業について

塾講師が高校生に教える詳しい社会科授業について 塾講師は生徒たちの社会科を受験に勝てる武器とするためにどのようにするかを日々模索しています。
生徒の力を最大編の伸ばすことができるのも塾講師の力量となります。
生徒は皆同じではないので一般化することも難しいですが社会科という科目の特性を活かして最低限押さえるポイントを知っておくと良いです。
社会科塾講師としてまず、教える内容の細かな理解や研究・最前線を把握しておく必要があります。
教える内容について深く理解しておくことで、それに対する伝え方や指導方法にいくらでも応用を利かすことができます。
教える本人が専門家のようにその分野にこれでもかというほど詳しくなっておく必要があります。
高校生が使うような参考書を彼らの目線に立って読んでおくことはもちろん・そのレベルの上をいく専門書も読んでおきます。
研究書や論文を読むことで、どこにどのような背景や研究が元となって教科書への記述となっているかがわかります。
受験生が使っている参考書にはそこまで詳しく書かれていないので教材に関して研究をするようにします。
講師が一つのことを理解させるために完璧な授業ができたと思っていても、実際に生徒がそれに対して関心を示さなかったり理解をしていなければ意味がありません。
このためにも生徒の個人差に合わせた上で、授業が苦手な生徒にも対応できるような資料を準備しておきます。

高校生は社会のセンター対策として塾を活用しよう

高校生は社会のセンター対策として塾を活用しよう 国公立や私大のセンター利用を受験する高校生にとって、センター試験はとても大切な試験です。
社会は地歴・公民と大きく二種類に分けられます。
地歴は世界史・地理・日本史、公民は倫理・政経・現代社会・倫政経です。
多くの大学では文系の場合、地歴・公民から2科目を、理系の場合は1科目を選択することになります。
受験する科目は自由に選択できますが、中には受験科目を指定している大学もありますので、自分の志望校の募集要項は十分にチェックしておくことが大切です。
社会というと、数学や理科といった理系科目と違い暗記するだけで良いと思われがちですが、実は違います。
もちろん理系科目に比べると覚えるべき事は多いですし、実際暗記していなければ解けない問題がほとんどです。
しかし、「ただ闇雲に暗記する」ことは思っているよりも難しいものです。
ですから、塾を上手に活用するのがおすすめです。
地歴であっても公民であっても体系的に学ぶことでより深く、より長く記憶を定着させることができます。
地歴・公民は、過去の事実や出来事に関する知識を問われる学問ですから、その背景を学習することで暗記しやすくなります。
そのためセンター試験対策として塾の授業を受けることは非常に有効です。

塾関連情報

東戸塚で塾を探す

新着情報

◎2019/3/7

高校生の受験対応できる教科
の情報を更新しました。

◎2018/11/6

高校生は塾で政治経済を学ぶ
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

地理を教えて欲しいときは塾を利用
の情報を更新しました。

◎2018/7/15

サイト公開しました

「塾 社会」
に関連するツイート
Twitter

RT @MiraiMangaLabo: まんがで海外を回る時、図書館が会場のことが多い。テロ後とか震災後とかに行ったり移民の人の多い場所だったりしたので、図書館の持つ公共性は「本を貸し出す」よりもっと広く人の心や社会の根幹を支えていると深く感じた。日本も同じ。僕は図書館にいく…

富良野を始めて十六年、入ってくる若者を見ていると、叱られたことのない若者が多いのに驚かされる。(略)昔、社会の仕組みはちがった。他人の子どもでも大人は平気で叱ったし、子供は大人をどこか畏怖していた。『富良野風話/倉本聰』

RT @MiraiMangaLabo: まんがで海外を回る時、図書館が会場のことが多い。テロ後とか震災後とかに行ったり移民の人の多い場所だったりしたので、図書館の持つ公共性は「本を貸し出す」よりもっと広く人の心や社会の根幹を支えていると深く感じた。日本も同じ。僕は図書館にいく…

RT @MiraiMangaLabo: まんがで海外を回る時、図書館が会場のことが多い。テロ後とか震災後とかに行ったり移民の人の多い場所だったりしたので、図書館の持つ公共性は「本を貸し出す」よりもっと広く人の心や社会の根幹を支えていると深く感じた。日本も同じ。僕は図書館にいく…

RT @MiraiMangaLabo: まんがで海外を回る時、図書館が会場のことが多い。テロ後とか震災後とかに行ったり移民の人の多い場所だったりしたので、図書館の持つ公共性は「本を貸し出す」よりもっと広く人の心や社会の根幹を支えていると深く感じた。日本も同じ。僕は図書館にいく…

RT @MiraiMangaLabo: まんがで海外を回る時、図書館が会場のことが多い。テロ後とか震災後とかに行ったり移民の人の多い場所だったりしたので、図書館の持つ公共性は「本を貸し出す」よりもっと広く人の心や社会の根幹を支えていると深く感じた。日本も同じ。僕は図書館にいく…

RT @MiraiMangaLabo: まんがで海外を回る時、図書館が会場のことが多い。テロ後とか震災後とかに行ったり移民の人の多い場所だったりしたので、図書館の持つ公共性は「本を貸し出す」よりもっと広く人の心や社会の根幹を支えていると深く感じた。日本も同じ。僕は図書館にいく…

RT @MiraiMangaLabo: まんがで海外を回る時、図書館が会場のことが多い。テロ後とか震災後とかに行ったり移民の人の多い場所だったりしたので、図書館の持つ公共性は「本を貸し出す」よりもっと広く人の心や社会の根幹を支えていると深く感じた。日本も同じ。僕は図書館にいく…

Twitter沙輝/R.N.あまみのくろうさぎ@XAZEA

返信 リツイート 16分前

RT @MiraiMangaLabo: まんがで海外を回る時、図書館が会場のことが多い。テロ後とか震災後とかに行ったり移民の人の多い場所だったりしたので、図書館の持つ公共性は「本を貸し出す」よりもっと広く人の心や社会の根幹を支えていると深く感じた。日本も同じ。僕は図書館にいく…

RT @MiraiMangaLabo: まんがで海外を回る時、図書館が会場のことが多い。テロ後とか震災後とかに行ったり移民の人の多い場所だったりしたので、図書館の持つ公共性は「本を貸し出す」よりもっと広く人の心や社会の根幹を支えていると深く感じた。日本も同じ。僕は図書館にいく…

Twitterしき@孔明難民続行@sichukin

返信 リツイート 17分前